芸術学専攻では

芸術学専攻では、芸術の理論と実践、作品と歴史を結びつけながら、芸術大学ならではの独創的な研究を目指します。実践の場である実技専攻と隣接する創造的な研究環境の下、個性を尊重した少数精鋭の教育によって、美学、現代アート論、西洋美術史、日本美術史を基幹として芸術の理論と歴史を追求します。

そして理論・歴史研究に加え、実技学習で培った感覚を備えた、美術史・美術理論の研究者、学芸員、美術評論家や美術ジャーナリスト、文化財保存に関わる高度な専門家を養成することを目標にします。

教員は、美学(哲学)、現代アート論、西洋美術史、日本美術史の各分野に常勤の専門家を備え、その他文化財学および関連諸分野の非常勤講師を多数招聘しています。