愛知県立芸術大学 Aichi University of the Arts


カリキュラム

魅力と特徴

芸術学専攻は、愛知県立芸術大学の美術学部におかれた理論系専攻として、実技学習との有機的連携をはかりながら、日本美術史、西洋美術史、現代アート論、美学および文化財学の研究と教育を行います。
本専攻の目的は、日本・西洋の美術史研究者や美術館学芸員、美術評論家や美術ジャーナリスト、文化財保存に関わる専門家を育て、芸術・文化に貢献する人材の育成をはかることです。
そして本専攻の大きな特徴は、1学年5名という圧倒的な少人数制にあります。そのため、それぞれの教員が一人の学生に多くの時間を割くことができ、きめ細やかな指導が可能となっています。

カリキュラム概要

1〜2年次においては、美術史・美術理論の基礎(日本美術史、西洋美術史、現代アート論、美学、文化財学の概説)および基礎実技(平面、立体、映像等)を学び、芸術を研究するための基礎を身につけます。外国語の習得も、幅広い読書に加えて重要な課題となります。
1年次から3年次まで行う「芸術学総合研究」では、芸術学全教員による研究ガイダンス、および学生による課題研究の発表を行います。
「古美術特別研究」(2・3年次合同)は、奈良・京都の古寺や博物館を訪ね、日本の美術の原点に触れます。
3年次からは、各領域の研究授業(原典講読)や特講授業、文化財保存修復研究など、少人数のゼミ形式の授業が中心となり、より専門的な学習を行います。
また3年次では「プロジェクト研究」を課し、特定のテーマに絞った文献研究や学外での調査研究を通じて、卒業研究に向けた研究姿勢と方法論を学びます。
他に、「東洋美術史特講」「文化財学特講」「近代彫刻史」「映像表象論」「現代造形研究」「現代文化特論」等の授業も開講され、各自の関心に応じて研究の幅を広げることができます。
4年次には、各自の専門分野を確定し、4年間の研究の集大成として、指導教員のもとで「卒業研究」をまとめます。

芸術学総合研究

芸術学では1年次から3年次まで、年に一度、各自の設定したテーマについて教員や学生の前で研究発表を行い、芸術についての研究とその表現方法を深めていきます。

芸術学総合研究授業風景

芸術学総合研究での発表

基礎実技

1〜2年次は、素描、油彩、日本画、彫塑、古典技法、写真、映像など多岐にわたる分野の基礎実技を習得します。それぞれ専門の先生が指導を行い、各分野の表現技法のイロハを学びます。

1年次「基礎実技・油彩」講評風景

1年次「基礎実技・油彩」講評風景