愛知県立芸術大学 Aichi University of the Arts


特別活動

PLUS OPUS

本専攻では、2~3年次に設けられた「芸術学総合研究Ⅱ・Ⅲ」の課題として、年に1回研究雑誌を作成します。このため、学生によって編集委員会をつくり(編集長、副編集長)、各号の内容と分担を決めます。教員は顧問として指導・助言にあたります。

この雑誌のタイトルには“「OPUS(オーパス)=芸術作品」とともに”という意味があります。また現代の文化にとって有益な“プラス”となるものに取り組んでいきたいというメッセージも込められています。